売った後のトラブル

2013.5.10|トラブルの種類1

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

一括査定をしてもらい、その上で見積もりを出してもらって、その上で納得した業者に自分の愛車だった車を中古車として売りに出しました。ですがこれで安心 していたのもつかの間、売った後にもトラブルに巻き込まれることはじゅうぶんにありえます。大きく分けると売った後のトラブルはふたつほどありますが、ま ずひとつ目が「お金が振り込まれない」「お金が払われない」と言うように、お金だけ持ってとんずらされてしまうようなケースです。

 

車を売るのですからその 金額は決して安いものではありません。それに目がくらんで、そのまま業者が金を持ったまま逃げてしまうケースもあります。これは立派な契約違反ですから消 費者センターに駆け込みましょう。そしてもうひとつ多い売却後のトラブルが「買い取った店が名義変更をしていなかった」と言うものです。

 

これはとても重要 なもので、名義変更をしていないとなれば持ち主は売った後も自分のままですから、次にその売った車を買った人が、その車で事故を起こしてしまった場合など に、賠償の請求が前の持ち主である自分のところに来てしまうケースがあります。これは警察などで事情を聞かれたりもしますので、同じようにしかるべきとこ ろに相談しましょう。

 

 

 

 

 

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。