トラブルの種類2

2013.5.10|トラブルの種類2

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

point300自動車を中古車として売りに出すときのトラブルですが、一括査定のトラブルにかんしては業者だけではなく消費者の方にも問題があるケースがあります。よく あるのが「契約書をよく読んでいなかった」「業者の話をよく聞いていなかった」「嘘をついていた」と言うようなものであり、こうしたことがきっかけでトラ ブルになってしまうこともあります。

 

「お客様は神様である」と言う言葉がありますが、これは実際には「お客様を神様だと思うように」と言う店側の行動に対 しての教訓であり、お客さん自信が使う言葉では本来ありません。これでは他の「神様」に迷惑になってしまいますので、こうしたトラブルを避けて他の神様に 迷惑をかけないためには、消費者の方もトラブルを起こすようなリスクのある行動をひかえるなり、きちんと契約書の内容をチェックするなりして、スムーズに 一括査定から買い取りの流れまでを行なってもらえるようにしたいものです。

 

もちろん、トラブルは業者の方から引き起こすことが圧倒的に多いですが、業者側 に落ち度が無くても消費者側の行動ひとつでじゅうぶんにトラブルになってしまうことは考えられますので、お互いに気持ちの良い一括査定、そして取引を出来 るようにしましょう。

 

 

 

 

 

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。