リバティ・エクシーガ

2013.6.5|車の情報

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

ミュゼ横浜|知らなきゃ損!WEBでお得に!
024012

たとえば日産自動車が「インフィニティ」ブランドでアメリカを中心に海外販売を展開していたり、トヨタ自動車が「レクサス」の名前で日本モデルとはエンジンを変えたりしてクルマを販売するなど、クルマメーカーの海外進出は当たり前のことになりました。その際に日本で発売されているときと名前が同じもので販売されることもありますが、たいていの場合においては現地の基準に合わせるためにエンジンやデザインの変更、それから現地の放送禁止用語などに引っかかったりするために名前を変更されることが大半です。

 

スバルから発売されている7人のりのクルマである「エクシーガ」も海外で販売されているクルマになるのですが、これはインドネシアやオーストラリアにおいて販売されています。そしてオーストラリアにおいては「リバティ・エクシーガ」の名前でこのエクシーガが発売されることになりました。何故「リバティ」と名前がプラスされているのかと言うと、このリバティと言う名前は日本のレガシィがオーストラリアで発売した時に名づけられた海外専用の名前であり、そのリバティの派生車種のモデルであると言う位置付けでエクシーガが発売されることになったからなのです。

 

 

 

 

 

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。