レガシィとの関係

2013.6.5|車の情報

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

同じメーカーの中でつくっている製品には、べつの製品からテクノロジーを流用していたり、派生モデルとしてのあつかいをされている製品も存在しています。車関係の業界においてはパーツ、それから大元のクルマの製造部分で関係が大いにあるという製品が多数存在していることはよくあることで、コスト削減やパーツの流用のためにそうした手段を取ることもあります。スバルから発売されている7人乗りのクルマである「エクシーガ」とレガシィとの関係も深いものとなっていますが、どう言ったところでこのエクシーガにレガシィとの関係があるのかと言うところがポイントになります。

 

レガシィとの関係に関して、エクシーガではまず海外での販売をされていることがポイントです。オーストラリアではレガシィが「リバティ」と言う名前で販売されているのですが、そこにレガシィとの関係が生まれてきます。エクシーガはオーストラリアにおいては「リバティ・エクシーガ」の名前で発売がされているので、派生モデルとしてのあつかいを受けていると言う意味で深くレガシィとの関係があることになります。このようにエクシーガとレガシィは派生モデルかそうでないかの関係にあるクルマなのです。

 

 

 

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。