消費者側の問題

2013.5.10|トラブルの種類2

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

飛行機や船のチケットを、期日が近くなってキャンセルするとキャンセル料金が発生するのと同じように、自分の愛車を中古車として売りに出す時に、買取業者 に一括査定を御願いして、そうして見積もりを出してもらって売買契約まで持ち込むのが自然な流れです。

 

楚歌しながら売買契約のときになって、何らかの事情 で「やっぱりやめる」と言うことになれば、ここで契約のキャンセル料金が発生することもめずらしくはありません。ですがこのときになって「そんなことは知 らなかった。だから払わない」と言う消費者も居ます。これが中古車一括査定のときのトラブルのひとつであり、消費者側に問題があるケースです。

 

これは事前 に業者が提示した契約書やメールの内容などによって落ち度があるほうが変わってきますが、契約書の中に「キャンセル料金が発生する」との文面が無ければ業 者側の落ち度になりますが、その文面を記載しているにもかかわらず、そう言うことを消費者が言うのであれば、これは消費者の確認不足と言うことになりま す。「業者の話を聞いていなかった」「よく契約書やメールを読んでいなかった」のは業者に落ち度はありませんから、この場合はキャンセル料金を支払わなけ ればいけません。

 

 

 

 

 

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。