契約の解除に関して

2013.5.10|トラブルの種類2

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

なにか品物を買ったは良いけれども、その商品が気に入らないので返品すると言うことも良くあります。商品そのものに不備があると言うことは売った方の落ち 度になりますから、たいていの場合返品が可能ですが、自分が「気に入らないから」と言う理由においては、買ったときのレシートが無ければ返品は不可能であ ると言うことが一般的に知られています。

 

またキャンセルするときに「キャンセル料金」が発生するケースがありますが、飛行機や船のチケットがそれにあたり ます。これは自動車を一括で複数の業者に査定してもらって、その上で買い取る業者を決めたときにも同じことが言えます。今の時代では査定から見積もりまで は無料でやってくれる業者が多いですが、その後の売買契約をキャンセルする場合にはキャンセル料が発生するところも少なくありません。

 

しかし、これとは別 にキャンセル料を査定の段階でも取る業者もあります。その場合は契約書などに書いていないこともあるのですが、これは業者が悪い事になります。しかし契約 書や買い取りの依頼に関して取引の内容を示したメールにそのような文面が記載されていた場合、「知らなかった」では済まされませんので、これは消費者側に 落ち度がありますから素直に支払いましょう。

 

 

 

 

 

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。